Home

デジタルカメラで作品写真を撮る


作品写真を自分で撮ろう

自分の作品は写真にして保存しておきたいと誰でも考えますよね。
でも、実際にやってみると、なかなかうまく撮れない。
背景が悪かったり、濃い影がついたり、色がうまく出なかったり。

私も数年前からデジタルカメラで作品写真を撮り始めましたが、
なかなか思うように撮れません。
カメラの達人やプロカメラマンのアドバイスをもとに試行錯誤を繰り返しました。
今は蛍光灯によるライティングを使ってます。
以前はストロボで

ストロボ照明は色再現が良い。しかし、撮影はかなり難しい。
一番難しいのは電灯や太陽光のように撮影中にライティング状態を確認できないこと。
しかし、デジタルカメラなら撮影後すぐにパソコンで確認し、もう一度撮りなおす事も簡単。これは有難い。

ストロボでの撮影には外付けストロボを使う。
ストロボの直接光は強すぎるので、バウンズ(反射)とトレーシングペーパーでのデュフューズ(拡散)を組み合わせ、柔らかな光に変えて撮影する。

現在は蛍光灯で

ストロボと比べ蛍光灯は写真に向かないと言われていた。
ところが、デジタルカメラにはホワイトバランスの調整機能があり蛍光灯でも十分に撮影出来る。
最近の写真雑誌を見ても蛍光灯でのライティングが注目されており、デジタルカメラには向いている照明かもしれない。
そこで、思い切って蛍光灯ライティングに切り替えた。





器具は自作

予算が無いので自分で作れるものは自作。
馬(撮影台用脚) DIYでパイプを購入し自作。
高さ60cm程度。
撮影テーブル 馬の上に120cmx90cm程度の
合板を置く。
ドアの古いのを切断して使用
グラデーション
ペーパー
背景にグラデーションペーパーを使うと写真がぐっと引き立つ。
これは写真機材店で購入。

80cmx110cm
   3500円程度
110cmx160cm
   7000円程度
作品の色により使い分ける。
上部照明 天井用蛍光灯を改造して使用。
40W+32wインバーター式。
スイッチを付け、1灯づつ点灯できる。
蛍光管は日立ハイルミックN。










デュフューズ
スチレンボードでフードを作り、トレーシングペーパーでカバー。




サイド照明 天井用蛍光灯を改造して使用。
20W5本(安定器内臓)。
40W+30w(安定器は別に取り付け)。
スイッチを付け、1灯づつ点灯できる。

使用蛍光管
直管(20w) 5本
 東芝
  色評価用蛍光管 演色AAA(Ra99)
サークルライン
 日立ハイルミックN



デュフューズ
上部照明と同様にスチレンボードでフードを作り、トレーシングペーパーでカバーする。




三脚 三脚も自作

エレベータは中古三脚から取り外したもの。
自由雲台は購入。
脚は20mm合板を組み合わせ。
キャスターを付け移動しやすくした。




蛍光灯での簡単な撮影

電球型蛍光灯を使った簡単な撮影方法です。
一灯だけの照明でも結構いけます。

使用機材

撮影台:
手持ちの机を利用。

バックシート:
有った方が良い。
見栄えの良い写真になる。

三脚:
100w程度の照明では光が弱く
シャッタースピードが遅くなるので、
三脚は必須。


蛍光灯:
ナショナル パルックdey
 100w相当 1個(約2000円)

ホルダー:
白熱灯用ホルダー
(ホームセンターで購入980円)

右写真は厚紙で更にカバーをかけている。
部屋の電気も消して斜め上から照明
これで撮影してみると、


撮影結果
デュフューズすると

電球と作品の間にトレーシングペーパーをたらす。
作品の影が少し柔らかくなる。

トレーシングペーパーは作品に近づけた方が影は柔らかくなる。
撮影結果
電球の反対側にスチロール版のレフ(反射)板を置く。
照明と反対側が明るくなる。





撮影結果
更に良くするには

照明の位置を少しづつ変えて最も写りの良い位置を探す。
もう一灯追加して、上からも照明してみるのも良い。



参考

蛍光灯の色


現在市販されてる家庭用蛍光灯には色んな種類がある。
電球色、白色、中白色、昼光色などと呼ばれ、それぞれ物の見え方が違う。
写真撮影には日中の色温度(5000k)に近い、昼白色が無難。

呼び名 見え方 色温度(k)
昼光色 太陽光線のように白くすっきり見える 7000k程度
昼白色 昼光色よりは少し赤みがある自然な色 5000k程度
白色 昼白色よりさらに赤みが強い 4500k程度
電灯色 電球のような赤みの強い色 3500k程度
メーカーにより呼び名、色温度などは多少違いがあります。

蛍光灯の形とお勧め品
サークルライン 部屋の天井に良く使われている丸い形状
メーカー、種類も多く選びやすい
専用の安定器、装着器具が必要
写真撮影には
30w 32w 40wの種類がある

写真撮影には
  色温度5000k
  演色AAA(Ra90以上)のものが良い。


お勧め品
日立ハイルミックN(昼白色)
   色温度 5000k
   平均演色評価数 Ra92

直管 天井照明に使われる
直線状のもの
安価
サークルラインほど種類は多くない
通常 20w 40wが多い


お勧め品
東芝 色評価用 中白色
   色温度 5000k
   平均演色評価数 Ra99

電球状 電球状のもの
専用のソケット不要
電球用ソケットに装着できる
価格は高め

お勧め品
ナショナル パルックボール パルック色





用語解説
平均演色評価数
 Ra
色の見え方を数値で現す平均演色評価数が決められている。
100以下の数値で表し、100は太陽光線下での一番自然な見え方を指す。
現在一般用では92程度が最高値で、写真専用蛍光管には96以上のものもある。
日立   
色温度
 (k ケルビン)

光の色を表す為の数値。 光の色温度とホワイトバランス